熱中症

夏になると、熱中症という言葉をよく聴くようになりますね。熱中症は高齢の人や赤ちゃんなどの体力のない人がかかってしまうと、命にもかかわる大事にもなります。そんな熱中症から身を守るためには何ができるでしょうか?まずは、水分補給をすることです。水分がかけていると、どうしても体の機能がうまくはたらきません。そのために疲れてしまうということもあるのです。さらにもしも体の異変を感じたならば、冷たいお風呂につかり、熱を体からとるということも大事です。熱中症はある程度自分の対策によって改善できます。しっかりと対策を行いましょう。日傘や防止など、そして首元にアイスノンなどを置いておくと、熱中症を防げるのです。ちょっとと思っても日中に出かけることは大変危険です。少しの時間でもしっかりと熱中症対策を行うようにしましょう。