家を買う派?借りる派?

家を買う派か借りる派というのは、お金に対する価値観がまったく反対の方向を向いていると思います。家を買う派の人は、今暮らしながらマイホームを楽しみたいとか、どうせお金を払うならば後々になっても財産として残るものにお金を払いたいという人が多いようです。家を買うことを一種の投資と考えるのです。“借金も財産のうち”という言葉がこれらのタイプの人には当てはまります。家を借りる派の人は、将来の計画を立ててある程度の貯金がたまったら家を購入しようと思っている堅実派の人が多いようです。実際に借りているならば、借りている家賃以外には居住費として出て行くことはありません。家を買うか借りるかは、その人のお金に対する見方を大きく表しているものと思います。どちらが正しいのではなく、どちらが自分の性格にあっているかどうかを考えて、家をどうするかという大きな決断を下すことができます。あなたのお金に対する見方はどちらですか?