引越しトラブルにならないために

私は今年の3月に、関東から沖縄に引っ越してきました。引越しの一番大きな原因は、やっぱり服リマ原発に何かあるたびにビビりたくないこと、それからどうせ引っ越すなら福島から一番遠いところがいいか~ってことで、沖縄に決めたんですが(笑)、結果的には子供たちもすっかり沖縄訛になりつつあり、ここにして正解だったかな?!と思っているところです。が、引越しは大変でしたよ。関東から沖縄まで、家財道具一式と車を配送したのですが、小さい引越し会社は沖縄にコネがないため、やっぱり大手の会社から選ぶことになりました。我が家ではクロネコヤマトとサカイ引越センターの2つに最終的に絞りましたが、クロネコヤマトの業者で見積もりに着たオジサンが、時間通りには来たもののなんか態度が横柄だったこと、(一応こっちはお客さんですからね)、見積もり時点では「沖縄までこの料金は、クロネコヤマトは高いってイメージかもしれないけれど、他の会社もこれ以上は安くできないはず。2-3日中に決めてくれれば、さらに5000円引きにするよ?と言われました。そうか~、クロネコヤマトだし安心かな、と思ったけれど、やっぱりサカイ引越センターに決めたその理由は、営業の男の子がとても若かったんですが(20代前半)遅刻してきてしまい、上司からもお詫びの電話をいただいたこと、それから遅刻し多分も安くしてもらい、クロネコヤマトより結果6万円も安くなったことでした!引越し トラブル  にならないためにも、長距離の引越しには引越し会社は大手に頼んだほうが、安心できるかも?

福島の子供たちの外遊びは解禁!?

NHKニュースを見ていたら、3.11の地震で轢きお壊れていた原発事故のあと、放射性物質への不安から、福島県内の多くの学校では校庭などでの活動が制限されてきていましたが、除染が進み、これまでにおよそ9割の学校で制限を解除したことが福島県の調査で分かったそうです。これ、本当に大丈夫なんでしょうか… と同じく子供を持つ親としては思います。たぶんこれ、長期間にわたる制限で子どもの体力の低下が深刻になっているからだと思いますが… 子供たちのために大きな屋根つきのドームみたいのを作って、そこはしっかり放射線を測定して放射能が入れないように密閉したような状態で体を動かすしかないんじゃないですかね。福島県はどうして子どもたちが外で遊べるようになったかといえば、校庭の除染が進んだことに加え、保護者の理解が徐々に得られていることが背景にあると分析しているそうですが、これってとんでもないと思うんですけど… 保護者は理解しているんじゃないでしょ、仕方がないって思っているんでしょたぶん。もちろん、まだまだ子どもたちを屋外で遊ばせることができないという声も依然として相次いでいるそうですが、これが普通の考えじゃないんですかね。

ペニス増大

更年期障害・加齢などで男性機能が低下しています。男性なら30歳を過ぎたころから、何かしら問題は出てきていると思います。きちんと勃起しない!パートナーとのセックス中に中折れ・立たないなど・固さが足りないなど、パートナーを満足までとはいいませんが、若い時のようにはいかなかった男性の方が多いのではないでしょうか。

 

これはどうしようもないのかも、ペニスがセックスの際にきちんと機能させるのはどうしたものか?

 

手術・サプリメント服用・器具などでトレーニング・睾丸クリームなどおおまかにこの4つに分かれますね。

誰もいきなり手術には踏み切りませんし、無茶な話です。

 

ここはサプリメントの服用ですね。数万から数千円で購入できます。もちろん3カ月ぐらいは継続的に服用しての結果です。バイアグラのように飲んですぐに効果を発揮するというものではありません。

 

妊婦の便秘

私、産まれてこの方便秘になったことがなかった、と思っていたのですが、そういえば妊婦のときに便秘になったことがあったなあ~って思いました。妊婦でいることでよいことといえば、好きなものを食べても太るかもなんて気にしなくて良いこと、それからみんなにいたわってもらえることかなと思いますが、実は妊娠中って心配なことが結構あったりするんですよね。不正出血なんかしたら、ただの初期出血でも「流産?!」って心配になったり、気持ちも不安定になったりするし、食べ物の好みも変わるし、眠いし、お腹が大きくなってくると寝返りを打つのも大変だし。お腹の中で胎動を感じるの、初めは「お!」と感動するかもしれませんが、なんかおならがお腹の中で動いたような感じに初めは近いですしねえ。その上、胎動が激しくなると眠れなくなったりもしますし!その上便秘になる人も多いみたいです。妊婦さんでも安心して飲める便秘薬とかがあればいいんですけれどね、やっぱり薬を口に入れるのは怖いので、ゴボウなどの根菜をこれでもかって食べるしかないでしょうねえ。

婚活パーティー、参加するなら1年でも早く!

最近婚活中の女友達から、電話がかかってきました。なんでも、声をかけてきてくれる相手が40歳以上で嫌だ、という愚痴でした。「あのさ~、君も32なんだから、それは仕方ないんじゃないの」と言ってみましたが、「同じ年齢くらいの男の人たちは、みんな20代を狙うのが許せない」んだそうです。まあね、だいたい男の人だって奥さんは自分より10歳くらい年下の女の人がいいって思うでしょうしね、子供を産んでもらわないと~って思ったりするでしょうから。「年上の方がいいじゃん、頼れるから!うちの元夫なんて6歳も年下だよ!!ぜんぜん頼りにならなかったし、今も頼れないよ~… ま、子供たちは遊びに来たときだけ遊んでもらえるからいいんだろうけど」と話しておきました。ただうちの元夫はアメリカ人なので、ある意味フケ具合的には同じぐらいかも(笑)。とどめは「今年中にできるだけ婚活パーティー に参加しておかないと、来年はもっと声がかからなくなるんじゃないの?」といったら「ぎゃああ!怖い~!やめてえええ!」と電話口で苦しんでいました。ひっひっひ!でもなあ、結婚ってやっぱりタイミングなんですよねきっと。結婚したいと思っていても、相手が結婚したいと思っていなくちゃ無理ですしねえ。ああ、私もまたいつか結婚したいなあ、楽しんですよねあの高揚感が(笑)。

はまっているもの

最近ハマっているのが、美容関連。

シワに良いといわれるクリームとか、美白の商品なんかいろいろ出ていますが、美白商品に関しては慎重にならざるを得ないなあと思うのが、カネボウの事件があったから!

やっぱりね、長い間蓄積された臨床経験がないものはこういったデメリットもあるんですよねえ~って思いますね。

 

そんなわけでお肌に安全そうなものはないか、@コスメなどをみながらチェックしていますが、お値段が高いのは経済的に続かないしね~… といいつつ、炭酸パックを購入してみました。

特に、七五三の写真撮影の前にやってみようと思って3回分入りのパックを購入。

まだ試していないので、その威力はわからないんですけれどね。

お値段が結構張るので、特別な時にしかできないのですが、それでも写真撮影前とか、イベント前(お正月とかクリスマスとかね)にやるだけでも、何もやらないよりは若干お肌にいいのかなあと期待しています。

 

自分で炭酸パックを作る方法なんかも乗っているので、そういうのをネットで調べるのもアリかな。